ホーム>「おはよう日本」で紹介されました

「おはよう日本」で紹介されました

「おはよう日本」でシッタ-の様子が放映されました。

NHK「おはよう日本」の「まちかど情報室」のコーナーでシッタ-の様子が放映されました。

img

 今日はペットの介護に話題です。

ペットが大事にされていて、きちんとお医者さんに見せるなどで寿命が延びているということなんです。
ペットフードのメーカーの団体によりますと、7歳以上が犬の場合は高齢とされているんですが、その割合が4割を超えているということなんです。

高齢のペットを飼い主が介護するというケースが増えてきていまして、その介護のための商品やサービスが登場しています。

001
002
003

飼い主が留守の間、ペットの世話をする業者が介護まで請け負うというケースが増えています。
依頼をすると、動物の扱い方の研修を受けた担当者がやってきます。1時間3,000円です。

004
005
006

 犬のクロは18歳。人間で言うとおよそ90歳です。

007
008

 肺がんを患い自力で食べられないなど介護が必要なため、このサービスを度々受けています。

009
012
010

咳の発作がおこると獣医師の指示を仰いで病院に連れて行ったり、薬を飲ませたりします。

013
014
014

 「ただいま帰りました。」
買い主の本田澄佳さんは中学生の時に生まれたクロを結婚してからもずっと世話をしてきました。

014
015
016

 仕事で留守にする間の介護を業者に依頼しながら、最後まで自宅で過ごさせたいと考えています。

015
00
000

 「急に発作が・・。温度の変化でいつ発作が起きるかわからないんですね・・・・」
「すごい安心ですよ、やっぱり・・。仕事をしていても何かあればすぐに電話して下さいますので・・。」

000

元気なかわいらしいという時だけではなくてまさに家族の一員として歳を老いてからもずっと大事にしているという事が伝わってきました。

ペットの世話をするサービスといいますと、これまでは散歩の代行というようなことが主だったんですけれども高齢化が進んだ中でこうした介護も依頼されるケースが増えているということなんですね。

飼い主の方は、愛情はもちろんですが、ペットを最後まできちんと世話をするという責任感でこういった商品やサービスを利用する方が多いようです。